投稿者「net」のアーカイブ

第1回 塗り絵デザインコンテスト優秀作品発表

塗り絵コンテスト多数の応募ありがとうございました!どれもオリジナリティー溢れる元気な作品で選考に大変迷いました!元気な作品をありがとう!

塗り絵は、想像力、発想力、集中力、観察力、そしてバランス力を養います!ブロックを組み立て立体を認識する。そして、次の発想を絵に描いて新しいイメージを固める!頭の中にあるイメージを表に出して表現しよう。表現する楽しさを味わいながら、新しい商品を生み出すことにつながります。

応募してくれた皆さんのイメージしたクロール君やザウルス君が、実際にブロックで作れたり、プログラミングで動き出したら、ワクワクしませんか?こんなワクワクを共有しながら、考える楽しさを伝えていけたら最高です!

最優秀賞3名

1000円の図書券を送ります!おめでとうございます!すてきな作品ありがとうございました!

優秀賞 4名

500円分の図書券を送ります!すてきな作品ありがとうございました!

グッドデザイン賞

個性豊かで元気な作品ありがとう!商品を送ります!お楽しみに!

子供お仕事体験に出展します!

10月13日(日)愛知県名古屋市千種区の吹上ホールにて開催される愛知中小企業家同友会主催の子供お仕事体験に出展し、ロボット組立体験をして頂きます。お時間ある方は、是非お越し下さい!お楽しみに!

昨年度の模様参考です。

https://www.douyukai.or.jp/regional-raise/2018/1106-140031.html

アクセス

http://www.nipc.or.jp/fukiage/sub/access.html

2019年中部地区&全国大会

 ロボット教室中部地区大会を教室長と一緒に観に行きませんか?』

ヒューマンアカデミーによるロボット教室全国大会が、年に一度、東京大学にて盛大に行われます。(子供を通じて冊子をお渡ししているかと思います) 前回の教室では、子供たちにその映像を観てもらいました。 「わぁー!」 「ボクも行きたいな〜」 なんて声も聞こえてきました☺️ 私たちは、まず子供たちに、そして親御さんに、こんな大会があることを知ってもらいたいなと思います。そして、他の全国のお友達がチャレンジしている姿を見てほしい。。。 そこから、その子それぞれに何か感じてくれるかな、と。そしてもし、挑戦したい子が出てきたら、私たちも全力で応援できたらと思っています。 私たちの教室もスタートしたばかりで、全国大会は今年は叶わぬとも。その前にある地区大会を 観覧したいと思い、教室長が応募しています。 8月7日(水) 名古屋市 ウィンク愛知にて。 もしもご都合の良い方、関心のある方、 子供を参加させたい! という方は、一度教室長か、私までお声かけください。 わずかな枠で申し訳ありませんが、早い方からのご案内になるかと思います。 そして、少しでも子供たちへ、と思いますので、当日は教室長が子供たちを連れて行く形になるかと思います。(多分、教室に一旦集合してもらい、車か電車で送迎) 一度ご検討いただき、ぜひ参加をお待ちしております。 ご質問等ある方は、メールでも電話でも構いませんのでいつでもお問い合わせください。

 『ロボット教室中部地区大会にエントリーして、 自分のアイディアロボットを発表しよう!』

中部地区大会の観覧募集は満席となり既に受け付け終了とのことですが。発表者のエントリーはまだ空きがあるそうです。ヒューマンさん曰く、 地区大会の発表は、日頃教室で作ったロボットのオリジナル改造バージョンを発表する場だそうです。特別、何かものすごいオリジナルなものである必要はなく、気軽に誰でもチャレンジできる場とのことです。 ぜひ、子供たちに発表の機会を体験させてあげられたらと思います。 良かったらお子様と話し合われてみてください。 以上、ヒューマンアカデミーロボット教室の、全国大会・地区大会についてお知らせさせていただきました。 発表チャレンジ! 大募集しております!

ヒューマンアカデミーロボット教室

喜びと感動の共有の中に成長がある!

ロボットやプログラミング制作を通じて人間の素晴らしさに気づいてほしいです。例えば、ロボットにできないことが人間には簡単にできること。走ったり、ジャンプ、じゃんけん!人間とロボットの素晴らしさを見つけていきます。ロボット製作を通じて自信と夢を持ってほしいです。幣ロボット教室では、たくさん改造して、たくさん失敗を経験して、最後にみんなで喜びを共有したいですね。

コロナウィルスの緊急事態ですので、おうちでロボット作りをして家族で楽しもう!

ロボット教室の講師スタッフで、おやすみの間に色々なロボットを作ってみました!

もしよかったら、お父さんやお母さんといっしょに作ってみて下さい!

本格的なものから、色々あります。作りかたもこれから、アップしていきますよ!お楽しみに!

シフトチェンジ!トランスミッション

ハシゴ車をつくろう!

クワガタロボットを作ろう!

羽ばたく鳥!フェニックスを作ろう!

電車を作ろう!

ローボートダブルオール

知立西町教室 でんぐり返しロボ!くるりん君

美技でんぐり返しロボ!

知立西町教室 ウォーカー君

ビューティフルウオーク!
尺取りー虫ロボ1号!誕生!

知立西町教室 お掃除クリーンロボ!

お掃除大好き!クリーンロボ!

知立西町教室 レスキューロボ!

段差に挑戦!あきらめずにチャレンジし続け、乗り越えられた!
頑張れレスキューロボット!
レスキューロボ!坂道に挑戦!
ジャイアントホッパー君!ホップ、ステップ、ジャンプ!!連続ジャンプに成功!

About us

未来を一緒につくりませんか?

皆さん、こんにちは。株式会社ブリッジエンジニアの赤尾です。私は航空機エンジニアであり、約20年間構造設計と強度解析に携わっています。 皆さん、航空業界で何が起きているのか、起きようとしているのかご存知ですか?航空機市場は、今後大きく成長しようとしています。国内において政府によって推進されています。航空機市場は、2017年から2022年までの間に4.1%のCAGR(年平均成長率)を目指す予定です。特に、スリムな形をしたリージョナルジェット機は、ワイドボディー型の航空機から徐々にシフトされていくことでしょう。リージョナルジェット機は、2022年の終わりには航空機市場の主要なステークホルダに対して、何と1700億米ドル(18兆8000億円)の市場価値があると見込まれております。 さて、私たちはこのように大きく成長している有望な市場にいます。私たちの会社は小規模ですが、このような航空機業界で航空機製造には欠かせない設計開発に携わってきました。また同時に、自動車、半導体、液晶テレビ、専用機の設計にも関わってきました。 私たちのチームは、国産リージョナルジェットの開発プロジェクトに参画し約8年間、固定前縁、スラット、フラップの構造強度解析を担当してきました。私たちには20年以上の経験を持つ2人のベテラン技術者、10年のミドルエンジニア1人、若手エンジニア1人がいます。高揚力装置のストレス解析の専門チームを作っています。 私たちはこの豊富な経験に基づいた教育プログラムを持っており、社員や社外のエンジニアに技術レベルを上げて頂くために教育を提供したいと考えています。優秀な日本人エンジニアを海外に送り、技術を次世代に伝えていくことが私たちの使命であると私は信じています。これがブリッジエンジニアのブリッジの意味を示します。 世界で活躍できるエンジニアを育成することは、エキサイティングであり弊社のモチベーションとなっています。 私たちはこのように国内での実績を活かし、海外の航空業界に参入する準備をしています。そこで、私たちは積極的に英語教育に取り組んできました。これはエンジニアのための弊社のオリジナルの英語のテキストです。このテキストには多くの経験が含まれています。 また、私たちは航空機設計技術を活かして、空中や水中を動き回るドローンロボットの開発を計画しています。このプロジェクトに興味を持っていただいた皆さんには是非参加して頂ければ大変うれしいです。 そして、エンジニアとして弊社で働きたいと思われた方は是非応募お待ちしております。 一緒に未来をつくりませんか? もし、私たちの会社に興味がございましたら、Eメールでご連絡ください。  

                                    株式会社ブリッジエンジニア 代表 赤尾 信広

Let’s create our future together!

Hello, ladies and gentlemen. I am Nobuhiro Akao, manager of Bridge Engineer Co., Ltd. And I am an aircraft engineer and I have been involved in structural design and strength analysis work for 20 years. Let me ask you a question to start with. Do you know what is happening or is going to happen in the aircraft industry? Aircraft market is growing. And this is supported by governments. The growth is 4.1% from 2017 to 2022. / Narrow body aircraft is growing faster than wide body aircraft, and will be worth US$170 billion in end 2022, / worth-while for all the stakeholders. Our company is small, but we are in this kind of growing and promising market. We have been doing design and strength analysis of aircraft a long time which is important for aircraft for aircraft manufacturing. At the same time, we design of automobile, and semiconductors, liquid crystal television and special equipment. Taking advantage of our experience, we have an educational program / based on our experience and wish to provide our knowledge to employees and outside engineers. I believe that it is our mission to send our excellent Japanese engineers overseas and pass technology on to next generation. Reflected in our company name , Bridge Engineer. It is an exciting motivation to produce engineers who can be active in the world. Currently, our strength analysis team is participating in a regional jet development project and is in charge of structural analysis of wing slats. The slat is a device that generates lift when an aircraft takes off and lands. Slats extend forward from the main wing. It is a flap extending backwards of the main wing. An aircraft fuselage and main wing does not move, but slats and flaps are movable. Therefore it is necessary (a special structure design and analysis) is given to these parts. Our team has been in charge of the structural strength analysis of fixed leading edge, slat and flap in a regional jet development project for eight years. We have two veteran engineers with more than twenty years’ experience, one middle engineer of 10 years and one young engineer. They make a special team for stress analysis of high left device. We have worked with Japanese aircraft manufacturer and we are preparing to enter into overseas aircraft industry. So we have been actively preparing for English education in our company. This is our original English textbook for engineer. This text contains a lot of our experience. By the way, we are planning to develop drone robots for both air and underwater by taking advantages of aircraft engineering. We would be very happy if we could work with you for this project. This is our contact for your information. For those who want to work in our company we will welcome you for achieving the dream together. If you are interested in our company, please contact us by E-mail.

                                      Bridge Engineer Co., Ltd. Nobuhiro Akao

代表者プロフィール  氏名:赤尾信広 (生年月日:昭和45年4月16日生) 

  • 1996年03月 国立三重大学大学院機械材料工学専攻終了
  • 1996年04月 技術系派遣会社勤務  三菱重工業(株)(名古屋航空宇宙システム製所)航空機構造解析を担当。中型旅客機、ヘリコプタの開発設計に携わる。
  • 2004年10月  個人事業 
  • 2010年10月  法人化 株式会社ブリッジエンジニア  
  • 2010年 12月 MRJ開発プロジェクト参加  主翼固定前縁、SLATの構造強度解析
  • 2013年  9月   エンジニア向け航空機強度解析技術および3D CAD勉強会開催
  • 2014年 5月   エンジニア向け英会話事業開始(金山教室) (JO外語学院協力)
  • 2019年 4月  未来のエンジニアに向けて、ロボット教室開始(知立西町教室 ヒューマンアカデミーとフランチャイズ契約) 

Profile Name: Nobuhiro Akao (date of birth: April 16, 1970

  •  Mar. 1996 National Mie University Graduate School of Mechanical Engineering
  •  April 1996 Worked as a technology dispatching company In charge of aircraft structural analysis at Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (Nagoya Aerospace Systems Manufacturing Plant). Involved in the development and design of mid-sized passenger aircraft and helicopters.
  • October 2004 Open private office
  •  October 2010 Incorporated Bridge Engineer Co., Ltd.
  •  Participation in MRJ development project in December 2010 SLAT structural strength analysis of wing fixed front edge
  •  September 2013 Aircraft Strength Analysis Technology for Engineers and 3D CAD Study Group Held
  • May 2014 English conversation business for engineers started in May 2014 (Kanayama Class) (JO Foreign Language Institute cooperation)
  • April 2019 Robot class started for engineers of the future (Chichidate Nishimachi Class Human Center and franchise contract)